| main |
2006.01.30 Mon

徒のマツボックリじゃぁありゃ先祖!

20060130153021.jpg

あたいは徒の鼠じゃ(松毬)ありませんことよ。
入国管理スルー?スイ~スイ~と日本へやってきました。

あの格式高いハプスブルク家の、
シェンーブルン宮殿の広大な庭園の生まれなのです。
あたいの先祖の周りで、マリアテレジア女帝や、
エリザベート(シシィ)が暮らしていたのです。

このマツボックリを思い出に持ち帰った或る日のこと、
カサッ!カサッ!・・カサカサ・・かなりの微音で・・
暫く奇妙な音が放つ(悩む)・・~~・・~~

ある日、
カップボードの棚に羽のようなものがいっぱいに
散らばっているのを発見!
あの奇天烈発信源がカップボードのなかとは・・。

種が弾けて順次飛び出てきた音だったのです。

この種を室蘭の知り合いの方へ試しにと差し上げたら、
翌年見事に芽生えたらしく、

♪レスピーギの「ローマの松」ならぬ、
「ウイーンの松」の誕生という仕儀と相成りました。

めでたしめでたし・・

因みに、
残念ながら我が家には発芽しなかったんだよな。(>_<)

そしてまた、
写真のどんぐり君は地中海沿岸生まれなのです。
宿泊したホテルの3階で目を覚ましたら、
そこは紛れもなく夢のような庭園だったのです。
そちらから連れてきたどんぐり君です。
青い海が恋しいだろうな・・ごめんよ。


続きを読む
スポンサーサイト
Category: 未分類
2006.01.30 Mon

250歳になりました

l_w_20030802_004.jpg

かつて私は、
「 こだわり 」というタイトルでポエムを書いたことがある。
その行で、
「シャガールは最愛の妻ベラを彩のなかで永遠に存在させ、
画家デュフイは大の音楽好きで最も愛したブルーを、
モーツァルトに捧げ頌歌した・・」と。

先日メールで、
ブログのメニューは?
モーツァルトじゃなかったのかい?
Pugさんから、
イタイところを突かれてシマッタ!(→o←)ゞあちゃ-
お慕い申しあげてるモーさまをすっかり忘れていたなんて・・

1月27日午後八時モーツァルトはウイーンに生まれた。
さぞや、ウイーンの街は祝賀モードで賑わっていることでしょう。
ウイーンフィルを最初に観たのは、
ウイーンを訪れる3年前にオーチャードでのコンサートだった。

好きな曲 トップ3 
     
   ピアノ協奏曲 弟9番変ホ長調K.271「ジュノム」
   弟2楽章:アンダンティーノ

   協奏交響曲変ホ長調 K.364 
   弟2楽章:アンダンテ

   ピアノ協奏曲23番イ長調K.488
   弟2楽章:アンダンテ

   一目瞭然2楽章に深~い拘りが。
   ” ゆるやか ” 好みのようです。
   是非御薦めの曲ですが・。   

   皆さん、お好きな曲をお聞かせくださいませんか。
   
   クラシックの聴きはじめた頃は、
   盛んにS40番に夢中になってたものです。
   今はPC室にいる時は殆どフランス放送クラシックか、
   ブエノスアイレス・タンゴを聴き、ながら族をやってます。

   音楽は、か・い・か・~・ん ♪


続きを読む
Category: 未分類
2006.01.27 Fri

遅まきながら・・初詣

20060127150818.jpg

大物主命が祭られている三輪神社は、
山全体が御神体とする日本最古の神社です。

年に一度はお参りするのです。
いつもと変わらぬコースで、
お参りが終るといつものお店で熱燗一本つけてもらい、
おでんを一皿、
そして、アツアツの煮麺を(にゅうめん)啜って・・。
タクシーを呼んでもらうのです。

いつもひとりで行くのです。

奈良の山辺の道をそぞろ歩く、
あなたは誰ですか。

素敵な時間じゃないですか・・。

その名はMasa・・
Masaさんに幸あれ!ぱんぱん(拍手を打つ)



Ж 補足あり

  タクシーを呼ぶ・・について。
  近辺衆?のMさんではないのです。
  なんと、あの天下の伊勢神宮を通り抜ける大物なのだぁ。
  
  京都行きの近鉄特急08:05に乗り、
  更には急行に乗り換え、あげくは戻る方向へと突進、
  崇拝する大明神の御神殿へと馳せるのであります。
  
  黄昏刻に再び伊勢神宮さんを何食わぬ顔で通り抜け?
  家路に・・。お疲れ様でした。
  
  更にPS この神社は私の先祖でありますとの
       メールが寄せられました。
         

続きを読む
Category: 未分類
2006.01.26 Thu

マルモッタンMusで珍事

20060126140839.jpg

言わずと識れたモネさまの睡蓮ですが、
モネは睡蓮だけでかなりの多くの作品があります。

そして、
この手の睡蓮をネットで探すことで、
エライ時間を費やしてしまった深いワケがあるのです。
もう・・20年以上にも溯りますが、
この睡蓮を絵具を使用せずに、
Roco流で和紙のみの画材で挑戦した作品があるのです。

・・・・・・・・・・が?・・・・・・・・・・。

ここからが、珍事件のはじまりい~。

クリーニングの外交さん曰く、
廊下の壁に飾ってある和紙の睡蓮を見て首を傾げているのです。
どうしたのかなって思ったら、
”この絵は逆さまじゃないですか ”って。

ところが、
TVの日曜美術館で偶然に観たのです。
学芸員の話しによると、
この睡蓮はフランスのマルモッタン美術館で、
誰もが気ずくことなく長い間、
逆さまに展示されていた前代未聞の珍事件があったらしいのです。

そこで・・
( ゚o゚)ハッとしてグーでありましたRoco画伯の逸話でやんした。

真似は学ぶことだといいます。大成功!

その、問題のRocoさまの作品は近日大公開・・
別に見たくないって?・・あっそう。


続きを読む
Category: 未分類
2006.01.24 Tue

ウン・プラセル (不運・Placer)

20060124111957.jpg

ビルゲイツになれなかったホリエモンさ~ん!
宇宙旅行よりも難門?の3畳間のご感想は如何かな?
お金で買えないモンにぶち当たりましたにゃぁ。

二つしかないものを八つに見せて世の中を渡ると、終に堕ちるのよ~。

An honest man is sure to success.

正直ものは必ず成功する・・
正直ものに神宿る・・
真実は必ず勝つ・・ってね。

メディアの記事なんぞは二番煎じでしたにゃ・・ぱ-んち o(^_-)O






続きを読む
Category: 未分類
2006.01.23 Mon

Un Placer

20060123105315.jpg

Un Placer についてのQが寄せられました。
スペイン語でウン・プラセル「よろこび」の意味です。
ブログの型紙やタイトルを決めるときに閃光が射したのが、
アルゼンチンタンゴの曲名であり好きな曲でもあったことから。

この曲はアルゼンチンタンゴのジャンルではありますが、
リズムはバルス(ワルツ)であり、
お祝い事で人が集まる時に、皆で手をつないで気軽に
リズムを楽しむ踊りにバルスが用いられます。
そんな、中庭でのワンシーンが洋画でよく登場します。

至って古い曲でもあり、
演奏もスクラッチ音が気になりますが、
todotango.co → instrumental →187
で聴くことが可能です。(西語と英語になってます)

及び、目下工事中ですが歌詞も検索できます。
タンゴのメッセージを一度お楽しみ頂いては如何でしょうか。
曲名や作曲者で訳詞を検索できます。

なが~い間、
教えの庭の隅っこでヌクヌクとお世話頂いている我が恩師のHPです。
Cargand (目下積み込み中)日夜孤軍奮闘中!
「探戈楽人」入力で (たんごらくじん)ヤフーで検索できます。

では、タンゴがいっぱいの中庭でお逢いしましょう チャオ!

きっと(☆_^)‥…━━━★ぴきゅ-ん!
あなたの世界が熱く燃えます・・かもよ。

アグリ楽団一行とRoco
tango-orq.jpg




続きを読む
Category: 未分類
2006.01.22 Sun

Tango

20060122091209.jpg

それは、モンテビデオの港町
♪ ミロンガ デ ミス アモーレス ♪
(我が愛のミロンガ)
この曲が挿入された音楽番組の映像があった。
 
とある木陰の広場でダンスに興じていた光景は、
私の右脳にチップを埋め込まれたようにセットされてしまった。
どうしても、
このミロンガを聴くたびに時代が溯ってきて、
モノクロームの、あの映像が過ぎってくる。
クルクルと円を描くようにイメージが巡ってくるのです。

昨年春のTangoコンサートで、
この、我が愛のミロンガをC.ガルバンのバンドネオン&指揮で
聞くことが出来て♪ d(⌒o⌒)b♪・・でした。

音楽とダンスは人間が発明した初期的な快楽・・っていうけど。

いや~♪っていいですね~♪


続きを読む
Category: 未分類
2006.01.18 Wed

Paris漫ろ歩き

20060118105958.jpg


確か・・ラファイエットの帰りしな、
チュイルリー公園を歩いていたら、
あの憧れのモネさまの、巨大なる睡蓮と感動の出会いが・・

まるで、棚から・・モネさまという美味しいサプライズ!を
待ち受けるかのようにオランジュリーMusは私を迎えた。
なにか・・予想もつない人生にも似た、
オツなドラマチックが湧き起こったのでありました。

そしてまた・・
オリジナルグッズの売店ではBGMが静かに流れ、
それは、
私のミュージックライブラリーにある、
イージーリスニングのコレクションそのもの。
”遠いフランス”という時空世界も消え去り、
悠然とパリの空の下を翼を広げ闊歩するのでありました。

インターネットのフランス放送を聴ききながら
こんなことを書いてみる午後・・                 
                    FIN






続きを読む
Category: 未分類 Comments (23) Trackbacks (0)
2006.01.12 Thu

隠れ家

20060112104407.jpg


我が街にはパリ街ってあるんだけど、
こんな素敵な小路だったら毎夜毎夜お出かけしたいかも。
な~んちゃってさ。

そのパリ街の、とあるBARは私の隠れ家なの。
お店見つけたら私のバーボン遠慮なくやってきておくれ。

昨日、居酒屋風の構えのお店の看板が気になったのです。
だって、「ごみ庭」って書いてあるのでビックリ!
よく見ると、な・・の突端が背伸びして悲鳴を上げていたのだった。
雪で猿轡を嵌められていたのよね。
マスター!
あんたの顔に白い泥が塗られているよ~ん。

獣道のような狭い雪道を考え事して歩いていたら、
女性が前方から向かってきた・・
私は、ひたすらゴーイングマイウエイ!
スライドする瞬間、
女性は身を捻るようにエッジのぬかるみにズボッ?
まるで女王様のお通りでないかい・・
(^.^)>(^.^)>\(^_^)/やったあ!
ゴメンチャイナ・・許して丁髷


続きを読む
Category: 未分類
2006.01.10 Tue

薔薇いちりん

20060110164841.jpg


  ふと魅せられし薔薇いちりん
      うす紅色した溢れんばかりの愛らしさ

     レトロに癒しを求め
     こじゃれたものを懐古する

    《 これはピクルスの空き瓶です! 》
     
     古きランプシェードの淡き光りで
     薔薇いちりん 
     わたしのコレクションを聴いてます♪
     
     あなたとわたしの夕ぐれに・・    
     
       

続きを読む
Category: 未分類