1件ずつ表示 
2014.07.26 Sat

萎える千草

     夏の名残りのバラ
a12e.jpg
未だはやいけど・・・ とても素敵な詩があるので・・・アップしてみました★
       
   見頃が終えたバラに限らず、萎えた花々を見るたびに思う・・・ 
           


          夏の名残りのバラ  (庭の千草)

       それは夏の名残りのバラ
        一輪だけ咲き誇る
   同じ木に咲いた美しき仲間たちはすでに
       色褪せて散ってしまった
     ともに咲く同じ血筋の花もなく
      小さな蕾すらそばにいない
    仲間がいれば紅の色を映しあったり
     嘆きを分かち合うことも叶うのに

                さびしい薔薇よ 私は おまえを
               茎の上で嘆き暮らすままにはしない
             愛しい仲間は永久の眠りについているのだから
                   さあ 共に眠るがいい
                  こうやっておまえを手折り 
                花壇に葉を優しく散らしてあげよう
                    仲間だった花たちが
                 香りもなく散り敷く その上に

             adk.jpg

       間もなく私も後に続くだろう
          友情が朽ち去り
     そして愛の輝ける団欒の輪から
  宝石のような大切な人たちがこぼれ落ちる その時に
      心を許しあった人が枯れ果て
      愛しき者たちも去ってしまったら
       ああ 誰が生きて行けようか
       この凍える世界に独りきりで


     スコットランド民謡  The  Last  Rose of  Summer 
                  詩  トマス ムーア (1779~1852)

          <  命あるもの全般に囁いているように感じてなりません > 



          北海道も雨不足で畑作農家さんも困窮のようです。
          今年のアジサイは縮れていてちょっと変?です。
        
          野菊も・・・喉が渇いてしまってます。  
        ayu8.jpg


          ウォーキング中、画像のように枯れ草が目に付く。

          aty7.jpg





              夏の名残りのバラ
            



スポンサーサイト

続きを読む
Category: 未分類 Comments (12)

この記事へのコメント:

マルクちゃん おはよう

小さな花畑で観察していると、
毎年、そのさまは違っていて、
次々に順番のように咲いては萎えてゆきます。
人も動物も咲いたあとは萎んでゆきます。て~~っ!リアル!(>_<)
書く詩人だけが詩人ではなくて、
見つめているすべての人たちも心ある詩人なんですよね。

季節の巡りはどうして寂しいのでしょうね。
巡るから再び巡ってくるのにね。

やすこさん おはよう

酒とバラの日々・・・なんてあるけど、

やすこさんはたくさんのバラを育てられてますね。

赤いバラ酒を作ってみては如何でしょうね。

色を楽しむだけですが凄くパッションでしょう!

おっしゃるとおり、
バラさんはお花の女王だけに枯れても散っても、
バラの日々。永久・永遠にバラの日々でしょうね。

ラストは・・・ちと違うんでないかい?アハハ
 
  <あさから、北海道弁講座でした_(._.)_>


素敵な詩ですね(;︶。︶;)
切なくて感動させてくれて
すごいですよね。

こうして人の心を動かせる文章って
ほんと素敵(〃ω〃)

お花の枯れていく辛さってそんな考えず
見ているだけで終わることが多いから。

命はどこにも存在するのですね。

もうすぐ枯れて落ちるのに、それでも薔薇は可憐で可愛い。

明日、花びらが一枚も残ってなくても、それでもきっと

可憐でかわいいはず。

いつの日か、薔薇の木が朽ち果てて、土になってしまっても、
それでも、薔薇のあった場所は、きっと可憐でかわいらしく輝いている。

ろこさんのように、いつまでもいつまでも、、
nyamiaちゃん おはようございます。

この雨で凌ぎやすくなってヨカッタですね。

ほんとうに、この詩は痛切に迫ってくるように感じます。
この詩は人の別れにも似たバラの日々の終章を描いているのですね。
散りばめて・・・今は散骨がブームのようですね。

秋の気配には未だ早いですが、
ミニバラやアジサイの咲き方が普通じゃないように思えます。

v-279シトシトピッタン・・・
何をしようかな・・・
み~ちゃんは段ボールの箱で寝ています。



Rocoさん おはよう(^^)

夜中に雨が降って凌ぎ易い朝となりましたが
今年は熱帯エリアのようですv-393

最近老いについて切実に感じる事が多いです
親もですがニャンコも(^^;
誰にも訪れる事なんですが寂しいですね
それが自分の番になった時には自分はどうしているだろうと・・・
薔薇のお花のように誰かそっと散らしてくれたら
どんなにいいかな?^^

写真を拝見するとそちらはもう何となく秋の気配ですか?
じゃなくて雨不足で枯れてるんですね(^^;
いずみさん お早うございます。

ポエムは遠回しが一般的で鍵になってますが、
トマスさんは、そのまま、ありのまま?描いているからでしょうね。
何方でも普段思ってることで、よく理解できるポエムです。

>夕景画像 ありがとうございます。
 編集の力をかりてカモフラージュです。

ポエムはよく知りませんがステキなポエムです。
誰にでも分かりやすい訳詩だからかな。
バラの枯れたのもセピアでドライにしてもレトロ調で飾れるかもね。
ウォーキングで撮る夕景はいつもいいですv-221
コラボのコスモスがまたいい★

歌声がいい声ですね、
さくらこちゃん おはよう

>雨  恵みの雨でしたね。
今日も一日中雨降りの模様です。
涼しくて最高ですね。
湿度にやられているって・・・?
そんな湿度が高いですか・・・?
ほんと、ほんと、本州の方々は強いですね。
本州へ行く条件は5月前か、10月以降に徹底してたものです。
羽田に降りた時のサウナのような息苦しさは耐えられない。(>_<)

体調はぜ~んぜんだいじょうv!
子供頃は夏休みには必ず夏バテで寝込んだタイプです。
馬のように年をとると丈夫になったって?ハハハ



Rocoさん、ヽ(★´3`)ノ。+゚コ。+゚ン。+゚ハ。+゚゙ン。+゚ハ。+゚

ここ数日の暑さで、干した草花が目に付きますね。

そしてこの週末の雨…作物には恵みの雨となったでしょう。

み~ちゃんもですが、Rocoさんは体調崩していませんか?

私は湿度にやられています(;´・ω・)
本州の人は強いなぁ…(笑)
芙蓉さん おはようございます。

「ああ、誰が生きていけよう」なんてさ、
切なさの表現の強調ですね。
愛別離苦ってそのとおりです。逢うは別れの・・・
バラが咲いたバラが咲いた^^^
悦びのうちはいいけど^^^
北海道は特に、コスモスが色褪せると寂しくなりますね。

名前は使い分けしましょう。
この世界は常識です。よね!
私なんかあるページではフランス人になりすましです。爆




すばらしい詩。
心を許しあった人、
愛しき者が去って、
ああ、誰が生きていけようか・・・
ほんとにそうですよね。
生まれた瞬間に死を宣告されている生き物すべての
切なさ。
バラだけに言ってるのではないですね。
夕映えの野菊とコスモスいいねv-221

コメHNとブログのHNどうして違う?と言われた(>_<)
いろいろとねえ!笑い 

この記事へコメントする: