JA8STATION

❤アスタマニャーナでいこう!❤

想いでのプラハ Fin

1999年、夕空と川だけを張り、保留になっていたちぎり絵。
  この辺で F i n ラ・ファンとしました。
 
 考えてみれば風景は未経験で苦手だったワタクシでした。
 絵の基礎もなく、壁にぶつかるとぶつかったまま足掻くだけ・・・いや~んもう~

 床に入ってから考えたり、目が覚めた時に思い描いたり・・・
 答えがでてこないまま、何度も貼っては水をつけて剥がすことのリフレイン。

    
<クリックで拡大>
apo9.jpg  
  大したことありません。
  一応完成ってことで・・・ 
   タイトル  「想いでのプラハ」
                      

   和紙のちぎり絵

    


  
          米どころ、新潟のメル友から稲穂の画像が着信。
          早いですね。もう稲刈りがはじまるそうです。
         4gh35.jpg
          朝の、愛犬とのお散歩で撮って下さったのでしょう。TNX!
          ベンちゃんありがとう~~



        44tt.jpg


            3er5.jpg


  
            今日まで気が付かなかった蜂の巣。
            色からして…スズメバチではなさそうです。
            空っぽでした。
            1ew5.jpg

         それにしても、この精巧さには驚愕です。
         巣を覆っている薄い壁は和紙のように強く柔らかい。
         なんでできているのでしょう。 教えてQ~? 唾液?
         2tlr.jpg




    Roco風アレンジメントでやってみたい一枚の絵・・・ 故・織田広喜さん作品
        1kl5.jpg


      ハギレをツイ買ってしまった!何にしましょうかね。
  2tgi.jpg
      下手な絵よりも額装するとカワユイかも。


  八月も今日でおわり・・・
  数えているワケではないけど、ブログの更新はいつもどおり11件でした。
  
  いよいよ心地よい気候になりますね。
  天高く澄み切った青空の下で大いに肥ゆる秋を楽しみましょう・・・


本当の意味は? 
 「天高く馬肥ゆる秋」という故事は、漢書を原典とする故事。
「爽やかな秋、空は高くて、馬たちがのんびりと牧草を食べている」
というイメージが浮かびますが、この故事に出てくる馬たちは、秋になる前、
つまり夏の間にたくさん食べて強くなった馬たちのことを指しています

                           Google よ り




スポンサーサイト

コメント

いずみさん こんにちは~

午前はいろいろとで・・・遅くなりました。
お蔭さまで、完成という完成はないのですが?
あれは未完成という完成か・・・
これでもう・・・と、
区切りをつけるのも勇気ですからね。
とかなんとか仰って・・・うふ♪(* ̄ω ̄)v
今日から、帽子のレディーを手掛けることに。
赤をやめて黒の帽子になりました。
赤、やりたいけど自信が今一。

オイシイお米をたべて大きくなりましょう。は?
私は混ぜご飯とかもいろいろ作りますが、やっぱり白いご飯が好き。
山頭火の「しろいごはんにゴマ塩」あの一言の自由律詩が心に残ってます。
書家までも引用してるほどです。
なんか、仄々と・・・おいしく聞こえてくる日本人の至福。



おはよ。
出来たー!
こんなちぎり絵は見たことありません。
検索してもないですよ。
情熱的な色合いに見惚れてます。
絵ハガキどおりだとこんな風にはなりませんね。
ほんとうに良くやりましたー。
16年ぶりとは凄いし。
ハムは全国にまたがるのでいろいろんな情報いっぱいですね。
今でも新潟のお米は一番なんかしら?
マツコさん推奨は北海道米のCMですしね。ハハハ
女性の帽子をかぶる絵って、絵になりますね。え?
馬肥ゆるね・・・そうだったんだ!

Johnさん こんにちは~

サイズが大きいので手こずりました。
足かけ17年目めにして完成とは・・・トホホ。
< 注・未完成ですが>
機会あって、久しぶりに和紙に触れている次第です。

ヘルメットに?蜂が・・・
まるくて手間を省けたのかな・・・笑
外に置いていたんですか?
ヘルメットって・・・モーグルのでしょうか?
怖いですよ、スズメさんは命を落とします。お気を付けて。


「思い出のプラハ」できましたね、いいですね和紙のあじわいがなんとも言われませんね、素敵ですよロコさん

蜂の巣はロコさんの家ですか?今年春に私のヘルメットの中にスズメバチに巣をはられて閉口しました、ある程度まで過程を見ていたのですが、かぞくに反対され夜にこっそりヘルメットを隠してみていたら朝早くから何度か出はいりして巣を探していたけれど諦めて入ってこなくなりました。ヘルメットの中には巣が残ってます、今年の冬はヘルメット無しで滑るぞ。

ケ・セラ・セラさん こんにちは~

プリント?それはやめて~ヤダヤダ、見られないでしょう(>_<)

さすが新潟のお米ゆえにオイシイのでしょうね。
でも今は結構、北海道米が人気があるそうな。マツコさんCM.
頭を垂れるのはこちらですね。ごはん大好き!おむすび大好き。
日本人だもの。

蜘蛛の巣の悪戯・・・今年は蜘蛛の巣も少なく、
目に付きませんね~?
雫がきれいですよね✲゚。.☆.。₀:*゚✲゚*:₀。
蜘蛛の巣を作るところをじっと見ていたことがあります。
早い早い、とても精巧なものです。
ちゃんと破れないように通り道もあるんです。

ええ~?み~ちゃんの座布団イヤだ~!
珈琲マットでも・・・黒い縁をつけるといいかもね。


nyamiaちゃん こんにちは~

「想いでの・・・」 これで一応完成にしました。(-_-;)
和紙は強いので、何度でもお水をつけては剥がせるのです。
何十年経っても剥がせます。凄いでしょ。
新聞紙は濡らすと溶けてしまいます。
やっぱり和紙は高級で日本の誇りです。
プラハ、ハンガリーへの旅は是非是非・・・
お待ち致しております。 チェコ&ハンガリー政府観光局より。?

田園風景はたまにゆくと気持ちが洗われますね~
住むというのは問題ありですが。
お米はもう獲れたのですね。北から南は一ヵ月以上も差がありますね。

巣を見てみると、チガウ虫さんが住んでましたよ。笑
豪華なマンションでしょうからね。

馬肥ゆる・・・そうなんですね。
太ったおんまちゃんが攻めて来たら怖いのかもね。
チンギスハ~ンとかね・・・?





Cieさん こんにちは~

茜色の雲は、ほんとはドギツイと引いていたんです。
が、額装するとかえって目立ってアクセントになってるような気がして。
あえて修整しないことに決めたんです。
おめでとう・・・と言われるほどの?・・・恐縮です。

ほんとにね~夏のおわりって侘しいですね。
繰り返しなのに、その繰り返しに、人の心は寂しがりやさんなのか、
なかなか馴染めないものですね。

赤い大きい帽子、
かつて、同じ画家の絵を和紙で描いてことがあるんです。
懐かしいので、もう一度やってみたいです。

ハギレではなくて切り売りというのかな。
たくさん積まれていたので魅かれてしまいました。
測ってまでは、目的なしでは、
なかなか買う気にはなれませんね。
出会いだったのでしょう。(@_@;)



想いでのプラハ Fin

Rocoさん
 お早うございます。完成ですね。美しいー!
拡大したのプリントして早速壁に貼りました。キレイ!
 稲穂もまさしく黄金色。農家の方々の1年のご苦労が
実ったのですね。新米が楽しみですね。
 精巧な形。動植物の力ってすごいですよね。多分唾液
でしょうね。トーストにアカシアの蜂蜜(唾液ごっくん)。
いつか蜘蛛の巣に朝露が真珠の粒のように美しかった。
 つば広の赤い帽子は女性のあこがれ、アレンジ楽しみ。
 可愛い布。これは決り!でしょう。ミーたんのお昼寝用
座布団ですね。

 

Rocoさん おはよう(^^)

「想い出のプラハ」とても素敵です
水をつけて剥がしたりもするんですね
聞いただけでハラハラドキドキしそうです
こんな素敵な所は実際に行ってみたくなります

田園風景は夏も秋もいいですよね~
こちらは山間部ではすでに稲刈りが終わってる所も多いです
今年は台風の被害が無くて良かったですね

蜂の巣すごいですね
何蜂なんだろう?
吹いたら楽器のように音が出そうですよね(^^;
蜂の巣を使ったちぎり絵なんていかがでしょう
気持ち悪いかな?(+_+)

天高く・・・はそうらしいですね
馬が肥えて強くなり責めて来るから気をつけなさいよとの
意味だとか

「想いでの・・・」完成おめでとうございます。
力強い茜色の空の彩絵がすばらしいです。
明日の力が湧いてきそうに。
サイズの大きい絵はダイナミックでとてもスキ。
夏のおわりの画像。残花がなにか麗しいね。
蜂は凄い才能の設計士。?
赤い帽子のマダム、いいですね!
赤い絵はゲンキがでて見るものをグッと引きつけますからね。
たのしみに待ってますね。
ハギレの柄、お宅のみいちゃんみたいで楽しいね。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

文字サイズの変更

CalendArchive

最近の記事

Welcomment 

ビジュアルリンク










Profile

 Roco

Author: Roco
 ハンガリーの猫ちゃんと。

  H O K K A I D O
     魚座 0型 
     

君のポルテニャ風の孤独に
夜がきたら一篇の詩と
トロンボーンを持って
君の心を眠らせないために・・・

 ♪ ロコへのバラード

  作詞 オラシオ・フェレル
  翻訳 探戈楽人
  作曲 アストル・ピアソラ
      
  「ゴタンの中庭」 より


 ご訪問有り難う御座います


   ★CAT(=^・^=)★
  み~ちゃんも登場します  


   ♪ d(⌒o⌒)b♪
★コメントを頂きましたら、
こちらも訪問させて頂きますね★


 

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

ブログ内検索

FC2Ad

Template by たけやん