1件ずつ表示 
2007.02.19 Mon

フジコさんとランチ

久し振りに  フジコ・ヘミングのDVDを観ることに。
CIMG7236.jpg

30年余りのドイツやストックホルムでの困窮に耐えたなかで、
いつも夢を抱き、ピアノや、絵、猫たちと暮らし、
いつかは幸せを勝ちとる希望を失わずにいつもピアノが流れていた。
CIMG7265.jpgお母さんが他界され帰国し、
身の回りのもの全て、カーテン、雑巾までも持ち帰り、
変わらず、傍らに数匹の猫とピアノという日々の暮らしに、
或る日、TV出演のオファーが飛び込んできて某番組に出演。
異例の2000通超える手紙がぞくぞく届いたという。
そして、
旧東京音楽学校、奏楽堂でのコンサートが開かれ、
一夜にして名声を博したフジコ・ヘミングが誕生したのでした。
遠い道のりを経てフジコさんは正に信じていたとおりに An honest man is sure to success
             真実は必ず勝つ・・・忽ち勝利の女神が舞い込んできたのです。
 
<猫たちは福ちゃんを連れてくるのかも・・・>
   
CIMG7212.jpg

フジコさんの絵は独創的で真似のできない絵と好評を博しています。
少しの時間をみては、自由にスケッチしていて、
海外の暮らしの想いを巡らせながら西洋の華やいだファッションや、
鮮やかな色彩となって表現され、
そこはかと無しに動物やエンゼルを登場させた独特のユートピアなのです。

CIMG7259.jpg

CIMG7219.jpg

ドイツから連れてきた猫たち、拾われた猫たち、
フロアいっぱいにステップ踏み、ショパンを聞きながらお昼寝してるなんて、
羨ましいセレブキャットさまたちですにゃ~

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

CIMG7276.jpg

↑ しっかり味付けしたハンバーグを
           ヘルシースープでパンと頂きました。
  
  


                      ja8///@jarl.com



スポンサーサイト

続きを読む
Category: 未分類 Comments (6) Trackbacks (0)

この記事へのコメント:

sp-nyanさま
ギャラリーは芥川賞作家の玄侑さんちの方角?ですか?
あ、もっと街ですかね・・・ハハハ

大将の下向きの(糸遊び?)フォト、あの写真かもしれませんね・・・
そんな記憶が少しだけありますが・・・
結局は?影武者の仕業だったのかにゃ~(笑)

フジコさんのDNAはパパもグランパもプロですからね。
やっぱ違うよな~・・・ 
苦労なく、ラクに描いてるようなところが違うな~やっぱりな~

ayakovskyさま
冷ましてからのほうが味がわかります。
何故か、しまっておいて捨てるはめにある餃子の皮・・・
そうね・・・余っていたらですね、お試しにどうぞ!

お餅のように、砂糖醤油にハチミツでもぬって・・・?
(・_・?)ハテナ? どんなお味かしらん。
さくらこちゃんへ
梅屋のシュークリームはお土産で・・・?
壺屋の木花も美味しいでしょう・・・今度お姉さまにおネダリしてみて下さい。

今夜はお空がギラギラしてますね。
フジコヘミングさんは本当に大変な人生を
送られて来ましたよね
そこから生まれたパッションが伝わって来るんでしょうね

私のギャラリーでもフジコヘミングさんの版画を
展示する企画展をやっておりますが
絵のセンスもいいですよね^^
今年もフジコヘミング展やろうかな!
うちもあまったシューマイの皮でやってみようっとw
ヾ[・ω・`*]【。゜+コンニチワァ゜+.】[*´・ω・]ノ゛
梅屋の生シューとエクレアが大好きです(笑)

セレブキャット、響きだけでも羨ましい+゚(*´∀`*)。+゚
フジコさん、名前は良く聞きますが
その人生はまだ勉強不足で(。・ω・。)ゞ ポリポリ

餃子の皮レシピ~φ(・ω・*)フムフムφ(。_。*)メモメモ
これで、冷蔵庫の奥から消費期限の切れた
餃子の皮が出て来る事はなくなります(笑)

この記事へコメントする:


    

この記事のトラックバックURL:

http://tanguera.blog41.fc2.com/tb.php/246-8cfa873c

この記事に対するトラックバック: