❤アスタマニャーナでいこう!❤



   
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
<< 2017 >>
CalendArchive
最近の記事
ビジュアルリンク









Profile

 Roco

Author: Roco
 ハンガリーの猫ちゃんと。

  H O K K A I D O
     魚座 0型 
     

君のポルテニャ風の孤独に
夜がきたら一篇の詩と
トロンボーンを持って
君の心を眠らせないために・・・

 ♪ ロコへのバラード

  作詞 オラシオ・フェレル
  翻訳 探戈楽人
  作曲 アストル・ピアソラ
      
  「ゴタンの中庭」 より


 ご訪問有り難う御座います


   ★CAT(=^・^=)★
  み~ちゃんも登場します  


   ♪ d(⌒o⌒)b♪
★コメントを頂きましたら、
こちらも訪問させて頂きますね★


 

リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリー
ブログ内検索


♪ ラ・ボエーム

   
子供のころの原風景…張り板
CIMG7695.jpg
縁側のそばで見ていた張り板をヒントに閃く‥
  …★パキューン ( ・・)σ ‥…‥…★---------- ・
我が家のテーブルはノークロスなので、
このように洗ったハンカチや布製のものをピタッと張り付けると、
アイロンの必要もなく乾きも早く便利で重宝しています。
       だからどうした?…って言われても… (x_x;)シュン


  ☆彡★。、::。.::・'゜☆。.::・'゜★。、::。.::・'゜☆彡

  ♪ 普段なにげなく聞いているイージーリスニング
  
  昨夜、チャンネル切り替えた瞬間、滅多にみることのない歌番組を見ることに。
  小椋桂、来生たかお、井上揚水などの三人が登場していた。
  小椋桂作曲の「少し私に愛をください」とかって曲を、
  来生のピアノ、揚水のギターでそれぞれに三人で歌うものであった。
  ピアノとギターだけをバックにそれぞれの和らいだ歌唱が
  とても心地よく聞こえてきたのです。
  
大好きなフランク・プウルセルさまの「ラ・ボエーム」アズナブール作曲
いつ聞いてもあきることの知らない自分のなかの名曲のなかの名曲
mon.jpgインストルメンタルがお好きのワタクシですが、
例えばこの曲を、
べコーやアズナブールで聞いてみても解読不可能
ところどころの単語をかき集めながらの想像になる・・・
僅かに持ち合わせている
キャパシティーを頼っての鑑賞となるだけなのです。
意味が全く違っているかもしれないし、自分のヒストリーから生まれる、
勝手なストーリーがとりまいてくる世界でしかありません。
<↑フォトはパリの空の下・モンマルトから撮る>

ある日、ラジオでこの「ラ・ボエーム」が日本語で流れたのでした。
未だに誰が歌っていたのかはクエッションだけど、
その歌詞に心を捉えられてしまったのです。
ショップで探してみると知らない日本人シャンソン歌手のCDがあり、
そのなかに「ラ・ボエーム」があったのです。
そのCDは歌詞だけが目的で購入しちゃいました・・・
多分記憶ではこの詞だったように思います。

  ラ・ボエーム C.アズナブール作曲 なかにし礼訳詞
    
     モンマルトルのアパルトマンの窓辺に開く
       リラの花よ 愛の部屋でぼくはいつも
       絵を描いていた いとしい人君をモデルに
       愛しあった 君とぼくの二十歳のころ
       ラ・ボエーム ラ・ボエーム 幸せのうたよ
       ラ・ボエーム ラ・ボエーム 根のない草花

       空いた腹をかかえながら 虹の訪れを夢みていた
       仲間たちとキャフェの隅で ボードレールや
       ヴェルレーヌの詩を読んでいた
       希望(のぞみ)にあふれた 君とぼくの二十歳の頃
            
            省略・・・

       君の胸や腰の線を 描いては消して夜を明かし
       朝になるとコーヒーなど飲んで語り
            
            省略・・・
       
       或る日のこと 君と僕の愛の街角訪ねてみた
       リラも枯れて アパルトマンの影さえなく
       歩きなれた道も消えていた 若き日の
       靴の音は聞こえなかった
       ラ・ボエーム ラ・ボエーム 帰らない夢よ
       ラ・ボエーム ラ・ボエーム いちまつの夢よ

    ★・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・★ 
       なかにし礼さんは素敵・・・・・・・・・★
礼さん曰く、カサブランカのラストシ~ンのように
             男は孤独でなければダンディズムとは云えない

e14.gif
 ja8-station




スポンサーサイト
| comments(6) | trackbacks(0) | page top |
うーちゃん今晩は~
ブログがオカシイでしょうか・・・このテンプレに変えてからでしょうか?
それとも以前からなのか教えて下さいませんか?
言って頂いたほうが幸いですので宜しくお願い致します。
具合が芳しくない時には、どうぞ通り過ぎて下さいね・・・。


Rocoさん(ρ_・).。o○ おはよぉ・・
ここのところRocoさんのお部屋が左に寄って何だか変なんですよ・・・
うーちゃんのMacが対応出来ないのかな???
先生に診てもらいます

キノコの醤油煮桜子さん見たいにφ(。。*)メモメモ(*・ω・)ツ))コピーコピー(ノ・ω・)ノ^配布配布♪
>洗ったハンカチや布製のものをピタッと張り付ける
これはやっておりました(ガラスにも張ったりしていた記憶が・・・)
同じ世代と思っていいのかなぁ(笑)

温泉タマゴ
etyamさま
あら^^^作られましたのね^^^美味しいですよね。
きのこ醤油煮丼はもっと美味しいですよ、<これは私の思いつき丼です>

キノコの醤油煮
エノキ2袋  適宜に切ってさっと洗う<2㌢くらい>
なめこ1   ちょっと落とし包丁を入れ、さっと茹で水をきる。

めんつゆ 大3
醤油   大3
みりん  大2
酒     大2 <砂糖は好みで>少し入れたほうが美味しいです。   

アクを除きながら15分くらいかな…煮込むだけです。
多めに作りおきが便利です。
春ネギいっぱい入れてお召し上がり下さいね~。

似顔絵、拝見したいですよ・・・
サクレクールのユトリロの酔いどれ階段歩いてみたのでしょうね・・・




♪ ラ・ボエーム
さくらこちゃんおはようさんどすえ
変換やろうと思いきや・・・
期待したって出るわきゃないさ・・・わかっているけど・・・?
ZEPPINは、
作った翌日に撮ったので(>_<)濁ってキタナイのでアップやめちゃいましたよ。

ラ・ボエームは、<boheme>・・・
その昔に、今のチェコの北西部出身らがパリに集まり、
その日暮らしの貧乏な芸術家の総称らしいのですが。
一言でジプシーとでもいいましょうか・・・自分としてはそう解釈してました。
有名なオペラもあるようです。
ラ・ボエーム
 今晩は ラ・ボエームこの歌は知りません が なかにし礼さんの訳の詩は
若かりし頃の淡い思い出?・・・好い詩ですね  
 モンマルトルの丘・・・何となくな近しい感じがします 私は5年前パリに行った時 似顔絵を描いた頂いた事がありました

 私はまた Rocoさんのブログから キノコのどんぶりを 作らせて頂きました
シュレッドチーズのとろけたところに 醤油をさして頂くは とても美味しかったです 今度は醤油煮と温泉卵に挑戦します 簡単なのですぐ真似出来て忙しい私には嬉しいです そして とても美味しいし・・・次を楽しみにしています。
( -。-)スゥーーー・・・ (o>ロ<)oコンバンハアアアアアアアア
下のお返事読んで大笑いしてる桜子です(o_ _)ノ彡☆バンバン

>洗ったハンカチや布製のものをピタッと張り付ける
φ(。。*)メモメモ(*・ω・)ツ))コピーコピー(ノ・ω・)ノ^配布配布♪
素晴らしい、そういう知恵が働きません(ノTωT)ノあぅぅ
ラ・ボエーム・・・日本語だとなんだろう。。。
知らない曲で、ごめんなさいρ(・_・ )プチッ.....(((((/・o・)/ニゲロー!!


この記事のトラックバックURL:
http://tanguera.blog41.fc2.com/tb.php/265-05232513
<< NEW | TOP | OLD>>