❤アスタマニャーナでいこう!❤



   
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
<< 2017 >>
CalendArchive
最近の記事
ビジュアルリンク









Profile

 Roco

Author: Roco
 ハンガリーの猫ちゃんと。

  H O K K A I D O
     魚座 0型 
     

君のポルテニャ風の孤独に
夜がきたら一篇の詩と
トロンボーンを持って
君の心を眠らせないために・・・

 ♪ ロコへのバラード

  作詞 オラシオ・フェレル
  翻訳 探戈楽人
  作曲 アストル・ピアソラ
      
  「ゴタンの中庭」 より


 ご訪問有り難う御座います


   ★CAT(=^・^=)★
  み~ちゃんも登場します  


   ♪ d(⌒o⌒)b♪
★コメントを頂きましたら、
こちらも訪問させて頂きますね★


 

リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリー
ブログ内検索


ドナウ河のさざ波

   
毎夜PCルームに入る度、
遠く眼下に望む、
6丁目から3丁目の上り坂に連なる街灯が、
ドナウ河に跨る真珠の煌きのような 
あのブダペストのクサリ橋が彷彿してくるのです。
★・・・・…それは…見る度に…・・・・★

CIMG2175.jpg

                     20060806120809.jpg

                           ny-ger0108.jpg


ドナウ河のさざ波 って言うけれど、
私の観たドナウはうねっていて淀んでいた。
南ドイツから約3000㌔にも及ぶ流れは、
そうロマンティックなものでもなさそうで、
生活苦からの入水自殺者は毎日のように…
そしてハンガリーでの自死は世界ワースト二位だそうです。

       月に霞む~春の~夜の~
       元々この曲には歌詞などありません、
       明治時代に合唱の為に作詞されたそう。

         いつかラジオで、
         番組との繋ぎの合間に、
         オルゴールで「ドナウ河のさざ波」が、
         流れてきた。
         サウンドが(?)素晴らしくて鳥肌が立った。  
         この曲想はオルゴールに、
         ピッタリフィットする曲ではないだろうか
  



     
スポンサーサイト
| comments(0) | trackbacks(0) | page top |


この記事のトラックバックURL:
http://tanguera.blog41.fc2.com/tb.php/90-52da5d3c
<< NEW | TOP | OLD>>